読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ricaGAKU

ちょっとミーハーな普通のOLricaが人生の充実を目指すブログ

結婚は助け合うためにするのであってATMでも家政婦でもない

こんにちは。ミーハーOLricaです。

今日はただの独り言。

 

私は結婚がしたいです。

晩婚がすすんでいたり、もはや結婚しないことも珍しくないですが私は結婚がしたい。

 

1人で生きていく自信がないから。

誰かとずっと一緒にいたい寂しがり屋だから。

こどもが欲しいから。

ずっと一緒にいたい人がいるから。

理由はいろいろあります。

 

でも決してATMが欲しいわけではありません。

一緒に人生に立ち向かうパートナーが欲しいです。

 

1人でできないことでも2人ならできる。

お互いに苦手なことをカバーしあえる。

そんな関係が理想。

 

インターネットで結婚を調べればネガティブな情報ばかりで本当にうんざり。

旦那はATMだとか、妻は家政婦だとか、旦那が家事を手伝わないだとか、妻が寝ているだけだとか。

2人で平等に協力し合うことって想像以上に難しいみたいですね。

 

旦那の稼ぎがよければ妻が専業主婦で家事のすべてを担うのも助け合うことの1つ。

共働きで家事分担もしかり。

私は後者が理想です。

この安定性のない時代に収入源が1つなんてあまりにもリスキーだから。

なにより自分が好きなものを買いたいから。

節約が嫌いなので好きなものを買うために収入を増やす。そんな生き方をしたいので旦那に頼っているだけなんて嫌です。

 

私の将来の夢のひとつに港区に住むというのがあります。

でも港区に住める収入がある男性と結婚したいのではなくて、2人で頑張った結果港区に住めるようになりたい。

ある意味とても理想が高いですね。

 

仕事が終わったら早く帰ったほうが夕飯を作って、遅いほうが皿洗いをする。

そんなルールがあるけど相手が家事をしているのに何もしないのは申し訳なくて、お皿を洗っているあいだにお風呂を洗ってくれていたり翌日のためにゴミをまとめてくれていたり。

そしてお互いにありがとうって感謝の気持ちを伝えながらキスをする。

休日は一緒に洗濯物を干してからドライブ。

 

子どもができても変わらなくて。子どもにとって家事はお父さんとお母さん2人が協力してするもの。

大きくなってきたらきっと自然に手伝ってくれる。

なぜなら2人が協力しあっているのが楽しそうに見えるから。

 

一緒にお弁当を作ってピクニックに行くのもいいな。

平日のために2人で作り置きを作ったり。

 

でもやっぱり旦那には私よりも稼いで欲しいから、

私は旦那よりも料理が上手になろう。

縫い物が得意になろう。

細かい掃除ができるようになろう。

 

以上すべて妄想でした。

 

現実って難しいな。